中年男性のダイエット法

  • 2014.03.07 Friday
  • 19:25
JUGEMテーマ:ダイエット


ターゲットに合わせて、運動指導の方法をどのように変えるべきでしょうか?

例えば、肥満症の割合が30%を超える 中年男性 の場合。

責任のある仕事が増えて、忙しさは増すばかり。

運動習慣が最も少ないのは、時間の余裕がないからでしょう。

それなのに、毎日適度な運動が必要だと言っても、効果があるはずありません!
 

健康のためだけなら、「それでも運動した方がいい理由」で述べたように、週1回でいいんですよ。

というのも、運動する回数が 0回と1回では、死亡率が大きく違うから。

2回に増やしたって、死亡率が1回の2倍下がるわけではありません。

だったら、とにかく週1回の運動を始める。

その余裕もないなら、週1回だけ、最寄り駅の1個手前で降りて、歩いて帰りましょう。


どんな運動が良いか聞かれますが、基本的に何でもOK。

思い浮かばない方には、ウォーキング をお勧めします。

というのも、平地を歩く場合、エネルギー効率は、歩く速度に大きく影響されないから。

早く歩いても、遅く歩いても、消費するエネルギーはそんなに変わらない。

だったら、自分で一番快適だと感じる速度で歩けばいいわけです。




どうしても痩せたい!でも、時間が取れない!

そんなワガママな方には、高負荷インターバルトレーニング があります。

ただし、負荷が上がれば、リスクも高くなるのは当然ですよね?

きちんと専門家に、正しい方法と適切な負荷を教えてもらいましょう。




「いいね!」と思ったら、下記をクリックして下さいね!




にほんブログ村 病気ブログ 首・肩・背中・腰の病気へ


 
コメント
とても勉強になりました。

週1回か2回
多摩市のトレーニング施設に通っています。
コメントする








    

selected entries

categories

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM